建てるときの費用

高層マンション

注文住宅を建築する際に多くの人が気になるのが価格です。住宅は人生で一番高い買い物とも言われ数千万円から数億円の費用が掛かります。過去に建築した人が支払った費用の平均価格というのも存在しますが、住宅の場合この平均価格というのはあまりあてになりません。 一般的な35坪から40坪程度の住宅を建築した場合にかかる費用は2,000万円から5,000万円程度が多いようです。もちろんこだわればこの価格を過ぎますし、予算を抑えようと思えばローコスト住宅など最近では低予算で住宅を建築することも可能です。 他の人がどのくらい住宅に支払っているかということを知ることで予算を設定することは可能です。しかし自宅がマイホームの建築において支払った金額が適正価格なのかを判断する材料にはならないのです。

近年ではローコスト住宅や超ローコスト住宅という注文住宅も登場しています。こうした注文住宅は低予算で住宅を購入できることからより幅広い人がマイホームを持つことができるきっかけともなりました。実際にローコスト住宅は30坪程度の住宅を1,000万円台で、超ローコスト住宅は30坪程度の住宅を1,000万円以下で購入できるものです。もちろん住宅を購入し維持しようと思えばこれだけの費用以外にもお金が必要になります。多くの場合上記の金額は建物本体の価格であり付帯工事費用や諸経費などの費用が必要になります。付帯工事費用とは建物の外の配管の工事費やエクステリア工事、エアコン代やカーテン代です。諸費用とは引っ越し費用などです。注文住宅の建築においてはこうした本体工事費以外の費用が総建築費の20%から30%を占めることを念頭に置き住宅建築を計画することが大切です。