支払い負担を軽減

大量の部屋のマンション

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けて家を購入している場合において、住宅ローンが払えなくなった時に融資を受けた金融機関との合意の上で、家を売却する手続きのことを任意売却といいます。任意売却をすることで、家を競売にかけることに比べて精神的負担や経済的負担が少しでも減らすことができます。任意売却は相場に近い価格で売却ができ、残債を少なくすることができたり、返済方法が交渉でき、少しずつ無理なくローンを返済する方法を選ぶことができます。最近では、無料で相談を受けてくれるところも多く、債務整理を一緒に考えてくれる弁護士を利用することで、事業の整理を伴う任意売却などの場合は、不動産事業者だけでは対応できない事柄にも対応してくれるでしょう。

任意売却を行いたくなったら、まずホームページなどで弁護士を探します。任意売却が得意な弁護士も探せば見つかると思いますので、電話やメールで問い合わせをしてみましょう。現在の状況を詳しく話すことで、自分にあった方針の弁護士を紹介してもらえます。その後、面談等が行われ内容に納得すると、弁護士との契約という形になります。 ちなみに、弁護士に相談する前には、自分自身の意思を少しでもはっきりさせておくといいでしょう。なぜ任意売却をしなければいけないのか、任意売却をすることで今後どういうメリットが自分には出てくるのか、少し考えておきましょう。そうすることで、頭のなかも整理され、弁護士と面談するときには伝えたい事項がきっちり伝えらえられるでしょう。