マンションを売却する

マンションの壁面

投資をする場合に、マンションを購入することは特に珍しくはありません。ただ、そこから収益を上げることはそれほど簡単ではありません。 もし、投資をするのであれば、マンションを貸して定期的に収益を上げたほうがいいのか、それとも購入したマンションを売却したほうがいいのかということを知っておくべきです。 まう、貸す場合について見てみましょう。マンションを貸す場合は、借主が払う賃料という形で収益を上げることができます。この収益により、マンションを購入したときから払い続けているローンの返済に充てることができます。デメリットは、空室が出てしまった時にその分の収入が減少するため、空室が発生しないように常に工夫をしておく必要があります。

マンションを売却する場合のメリットとデメリットはどうでしょうか。まずはメリットです。売却した時にはまとまった資金が入りますのでマンションを購入した時の購入資金を回収できる可能性があることです。これにより新たにより条件の良い物件を購入することが可能になります。 一方でメリットは、売却したときにそのマンションを購入した額よりも低い場合は、単純に損したことになります。良い勉強代だったと前向きに考えるしかありません。また、売却してもなお住宅ローンを完済できない場合には、自己資金で住宅ローンを完済するしかありません。マンションはないのにその分のローンだけが残ると言う何ともやるせない気分になります。 結局どちらがいいかといえば、ケースバイケースといえるでしょう。